キャッシングなら返済方法を調べよう【自動引き落としの機能もある】

個人事業主の借入れ

硬貨

事業者専用のローンに申込

個人事業主の方でも安定した収入があればカードローンの申し込みをすることができます。しかし、問題はその借入資金の使い道です。基本的にカードローンは資金使途自由で何に使ってもよく、申込み時に引越しに使いますと申告したからといって必ず引っ越し代に使わなくてもよく生活費の足しにしたりなどしてもいいのです。あくまで審査の参考程度に聞いているだけです。使っていかないモノがありそれは事業費です。事業目的で使うことはカードローンの規約上禁止されている商品が多いのです。そのため個人事業主が事業資金の借入れ目的で申込みをする場合には、事業者ローンがありますのでこちらに申込みをします。事業者ローンに申込みをする際ですが、基本的には本人確認書類として運転免許証やパスポートで申込みできますが、事業の確認ができる書類が必要になります。個人向けカードローンであると、本人確認書類があれば申込みできますが、自営業者であると個人や家族経営で事業をしている場合、電話で在籍確認を取ろうとしても自宅兼店舗である場合会社名を名乗らないで電話に出たり、ご自宅にただ電話しているだけとなりますので事業が確認できるものが必要となります。事業者ローンの在籍確認として採用されている書類としては、確定申告書を2年分以上、代理店契約書、請求書、領収書、営業許可証などのいずれかが必要となります。事業者ローンでも最短即日で融資をしている業者もあります。

Copyright© 2018 キャッシングなら返済方法を調べよう【自動引き落としの機能もある】 All Rights Reserved.